ページトップへ戻る

名刺ソナー(名刺Sonar)とは

名刺ソナー(名刺Sonar)はランドスケイプが開発、提供する名刺管理アプリです。
日本最大の法人企業データベースLBCを活用する事で、企業情報の補正、属性情報の付与を行います。
さらに、顧客データ統合ソリューション ユーソナー(uSonar)を介しCRM/SFAと連携させる事で、
取引状況や商談情報を参照する事も可能です。

一般的な名刺管理アプリと名刺ソナー(名刺Sonar)の違い

BtoBのセールス/マーケティング活動においては、名刺交換をした個人同士の繋がりではなく、企業対企業の関係性の把握が重要となります。

名刺ソナー(名刺Sonar)は、SansanやSmartViscaなど多くの一般的な名刺管理アプリと異なり、自身が名刺交換をした相手担当者の情報だけではなく、企業間の名刺交換情報、さらには相手企業の企業情報も含めて管理する事が出来ます。
一般的な名刺管理アプリと名刺Sonarの違い

データ連携の有用性

データ連携の有用性
日々の名刺交換やイベント/展示会などで取得した名刺情報を活用する為には名刺情報以外のデータと組み合わせる必要があります。

その為、不備データが多いと上手くデータを連携させる事が出来ません。

名刺ソナー(名刺Sonar)では企業単位で情報を整備する事で、各種データとの連携を行いやすくデータベースを構築する事が出来ます。

属性付与の有用性

名刺ソナー(名刺Sonar)では以下のような企業情報を付与する事で、効率的な営業活動を可能にします。
  • 企業規模/業種/従業員数
  • どの企業グループに属しているかといった資本系列情報
  • 企業に関するニュース情報
  • 入居ビルの中のテナント情報
その他にも営業活動に役立つ各種情報を付与する事が出来ます。
属性付与の有用性

入力工数削減・自動メンテナンス

入力工数削減・自動メンテナンス
名刺ソナー(名刺Sonar)ではスマートフォンだけではなく、スキャナ、メール署名、QRコードなどを利用した情報の登録を行う事が出来ます。

展示会等での大量の紙名刺の登録やオンライン商談のみのコミュニケーションといった各種シチュエーションでのデータ入力工数を削減する事が出来ます。

一度登録された企業情報については日々メンテナンスがされる為、常に最新の企業情報を参照して営業活動を行う事ができます。

CRM/SFA連携

名刺ソナー(名刺Sonar)をCRM/SFAと連携させる事で、取引状況や活動情報の把握が可能です。

さらに自社がまだ接触していない未接触のターゲット企業を可視化する事で、より精度の高い営業活動が可能になります。
CRM/SFA連携
名刺管理アプリとは
名刺Sonar活用事例

名刺ソナー(名刺Sonar)について

“名刺ソナー(名刺Sonar)”について詳しく知りたい方向けに詳細資料を配布しています。