ページトップへ戻る

名刺管理基本機能

名刺ソナー(名刺Sonar)は日本最大の820万件の法人企業データベースLBCを活用した名刺管理ツールです。
スマートフォンで名刺を撮影、またはスキャナーで取り込みするだけで瞬時にデータ化。
クレンジング、名寄せし、顧客データ統合ソリューション ユーソナー(uSonar)内に統合します。
データは、ユーソナー(uSonar)と連携するCRM/SFAで利用可能となります。

実用的で高精度なデータ化を実現

通常のOCRのデータ化精度は40~50%です。

名刺ソナー(名刺Sonar)はOCRに加えて法人データベースを活用することによって名刺撮影時点で約90%まで精度をあげることが可能です。

また名刺登録の頻度が増えるにつれナレッジが蓄積され、データ化精度も向上していきます。

自動的にデータ化された名刺は、ランドスケイプ独自のロジックにより、修正が必要な名刺の洗い出しを行います。

その後、名刺データの修正(名刺目検)を行い精度は98.5%程度に向上します。
名刺データ精度

各種情報を即時活用可能

名刺撮影後、直ちに名刺データに拠点コード(LBC)や法人マイナンバーや業種などの属性情報が付与され、活用可能となります。
名刺Soanrで即時活用な各種情報

自動メンテナンス

登録後に移転や合併、社名変更があっても、日々更新される法人企業データベースLBCと連動して自動的にメンテナンスされ、鮮度が維持されます。
法人企業データベースLBCと連携

デモで実際の動作をご覧いただけます

名刺ソナー(名刺Sonar)について

“名刺ソナー(名刺Sonar)”について詳しく知りたい方向けに詳細資料を配布しています。