ページトップへ戻る

名刺管理と顧客データ統合の有用性

ABMを実践する為にCRM/SFA、MAを導入している企業様も多いのではないでしょうか。
顧客データ統合ツール ユーソナー(uSonar)を介し、名刺ソナー(名刺Sonar)や各種ツールと連携させる事でABMを効果的に進める事が出来ます。

名刺管理、顧客データ統合事例を見る

【事例】セコム

セコムは、法人マスタデータ「LBC」を搭載した顧客データ統合ツール「ユーソナー(uSonar)」と名刺管理アプリ「名刺ソナー(旧ユー名刺)」を導入し、顧客情報の精度を向上するデータ基盤を構築しました。

【事例】日立ソリューションズ

日立ソリューションズは、顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」を導入しました。これにより、各種データソースを統合し、オプションである名刺管理アプリ「名刺ソナー(旧ユー名刺)」も活用することにより、データの一元化を実現しました。

【事例】エイチ・アイ・エス

株式会社エイチ・アイ・エスは旅行事業において、企業との取引数の増加にともない、業務の効率化を図るため、『Kintone』を導入し、『Kintone』と連携して顧客データの自動整備・統合を実現することのできるABMツール「ユーソナー(uSonar)」を導入しました。併せて、登録時点から顧客データの標準化を行うことができるSFA支援ツール『サイドソナー(sideSonar)』、名刺管理アプリ『名刺ソナー(旧ユー名刺)』を導入しました。

【事例】りそな銀行

りそな銀行、法人番号を活用したデータ統合ソリューションとして、日本最大の法人企業マスタデータ「LBC」を搭載した顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」、名刺管理アプリ「名刺ソナー(旧ユー名刺)」を導入。Sales Cloudの機能を強化したデータ利活用基盤を構築。

【事例】サトー

サトーは、法人営業を強化する目的でSales Cloud(SFA)の導入を検討していましたが、マスタデータの整備が必要でした。そこで、自動でマスタデータの整備・一元化を実現できる顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」および「名刺ソナー(旧ユー名刺)」を導入しました。

【事例】横河レンタ・リース

横河レンタ・リースは『Dynamics 365』への企業データ登録の工数削減のため、『Dynamics 365』と連携でき、法人企業データベース『LBC』(820万拠点)を搭載した顧客データ統合ソリューション『ユーソナー(uSonar)』を導入し、データの自動名寄せ・一元化を実現しました。併せて、名刺管理アプリ『名刺ソナー(旧ユー名刺)』を導入し、新規で登録される名刺データと企業データの自動紐付け、即時活用を実現しました。

連携可能なCRM/SFA

Sales cloud
Sales cloud
kintne
kintone
eセールスマネージャー
eセールスマネージャー
Dynamics 365
Dynamics 365
名刺管理アプリとは
名刺Sonarについて

名刺ソナー(名刺Sonar)について

“名刺ソナー(名刺Sonar)”について詳しく知りたい方向けに詳細資料を配布しています。