ページトップへ戻る

名刺管理アプリとは

名刺情報を営業担当個人の管理ではなく、会社の資産とする為には、
一元的に名刺情報を管理するプラットフォームである名刺管理アプリが必要になります。
一元化された名刺情報と外部データをかけ合わせる事でセールス&マーケティングの成果を飛躍的に高める事が出来ます。

管理が難しい名刺情報

名刺は営業担当が個別に管理している、または支店や営業所単位で管理しているという企業は少なくありません。

このような管理体制の場合、せっかく取得した名刺情報が会社の資産になっていない為、多くの機会損失が生まれています。

近年ではテレワークに伴うオンライン商談の動きが加速し、紙媒体としての名刺がなくなった事でさらに名刺情報の一元的な管理のハードルが上がっています。
管理が難しい名刺情報

なぜ名刺管理アプリが必要か

なぜ名刺管理アプリが必要か
個人で導入する名刺管理アプリの場合は、「連絡先が簡単に検索出来る」「いつ名刺交換をしたのかの記録が出来る」など、セールスパーソン個人の効率化を行う事が出来ますが、企業として名刺管理アプリを導入した場合のメリットはそれだけではありません。

誰が、いつ、誰と名刺交換を行ったのかが可視化される事で、自身や自部門で接点を持っていないターゲット企業の方に対してのアプローチラインを簡単に見つける事が出来ます。

また、取得された名刺情報を用いてマーケティング活動に利用する事で、さらに売上に繋がる成果を出す事が可能です。

名刺管理が実現する未来

名刺情報と外部情報をかけ合わせる事で高度な営業戦略を行う事が出来ます。
  • 売上高、業種、従業員数といった企業属性を活用する
  • 人事情報と組み合わせて未接点キーマンの情報を把握する
  • CRM/SFA/MAと連携させて取引状況や行動情報を利用する
名刺情報を軸とした発展的なデータ活用により、工数削減だけではなく、売上に繋がる名刺情報の活用が可能です。
名刺管理が実現する未来
名刺Sonarについて
名刺Sonar活用事例

名刺ソナー(名刺Sonar)について

“名刺ソナー(名刺Sonar)”について詳しく知りたい方向けに詳細資料を配布しています。