名刺からビジネスの未来が見えてくる

ページトップへ戻る

DXにおける名刺情報の役割

DXに向けた取り組みや社会情勢の変化もあり、BtoBのセールス&マーケティング領域の業務も急速に変化しています。

データを一元的に管理し、組織として情報を有効活用していく為には、これまでは営業担当や営業所単位で管理していた名刺情報を、会社の資産とする必要があります。

また、近年ではテレワークに伴うオンライン商談の動きが加速し、
紙媒体としての名刺がなくなった事で さらに名刺情報の一元的な管理のハードルが上がっています。

名刺ソナー(名刺Sonar)を活用する事で、管理しづらい名刺情報を適切に管理する事が可能です。
DXにおける名刺情報の役割

名刺情報を売上に繋げる為に

名刺ソナー(名刺Sonar)には、名刺情報を管理するだけではなく、売上に繋げる為の各種機能が備わっています。
名刺情報と各種外部データをかけ合わせる事で、ビジネスの可能性を広げる事が出来ます。

名刺に無い営業に役立つ情報が見える
名刺には企業名/部署/役職/電話番号/メールアドレスといった情報が記載されています。しかし、営業やマーケティングで活用する為には、業種/売上高/従業員数などの名刺に記載のない情報が必要です。名刺ソナー(名刺Sonar)を活用し、これらの企業情報を自動的に取得する事で相手に合わせた適切なアプローチが行えます。

さらに、オプションの名刺将棋機能を使用する事で、自社がまだ名刺交換をしていない未接点担当者情報も可視化する事が可能です。

自動的にアプローチすべき企業がわかる
日々の営業活動での名刺交換だけではなく、展示会やイベントなどで大量の名刺情報を取得した場合、優先順位を付けてアプローチする事で営業効率を高める事ができます。

名刺ソナー(名刺Sonar)では、機械学習エンジンに受注情報をはじめとした40種類を超える教師データを分析させる事で、高精度の受注見込みスコアを算定させる事が出来ます。このスコアを活用する事で、今まさにアプローチすべき企業を自動的に把握する事が出来ます。

名刺ソナー(名刺Sonar)について

名刺管理アプリ“名刺ソナー(名刺Sonar)”について詳しく知りたい方向けに詳細資料を配布しています。